×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性に使えない飲む男性用育毛剤

飲む男性用育毛剤が最近話題になっているようですが、その特長、注意点などをまとめておきたいと思います。
飲む男性用育毛剤はまさに飲んで効く、飲んで治す育毛剤で発毛剤や養毛剤などともいいます。基本的には育毛剤も発毛剤も養毛剤も同義語に近いので大きく区別する必要はないと思います。
またなぜ男性用と断るのか、女性には使えないのかということですが、女性用育毛剤は飲むタイプは今のところはありません。また、男性用育毛剤を女性が飲んではいけません。強い副作用があるから認められていないのです。飲む男性用育毛剤プロペシア(一般名フィナステリド)はもとは良性前立腺肥大症の治療薬プロスカーという名の薬でしたが、服用すると増毛するいう副作用があり発毛育毛養毛効果があることがわかりました。男性ホルモンテストステロンの働きで男性は脱毛しやすいのですが、プロペシアを服用することで男性ホルモンを抑え増毛効果が得られるのです。しかし女性がこれを服用すると妊娠時に胎児に異常が発生する可能性があります。閉経後の女性に処方できないのかという要請がありますが、現在のところ研究中で許可が得られていません。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

飲む男性用育毛剤と塗る育毛剤の併用

飲む男性用育毛剤プロペシアは医療用医薬品で副作用の強さから医師の処方が必須です。従って薬局で手に入れられる塗る育毛剤から始める人も多いです。特に大正製薬リアップは注目です。リアップには血管拡張剤ミノキシジルが1%含まれており髪を育成し抜け毛、脱毛症を回復させる効果が認められています。
さらに飲む男性用育毛剤プロペシアと塗る育毛剤ミノキシジルを併用して抜け毛や薄毛に治療をすると二つの育毛効果が期待できます。飲む男性用育毛剤プロペシアは男性型脱毛症すなわち額部分の生え際と頭頂部の脱毛のみの適応になっており、円形脱毛症や側頭部などの脱毛症には効果が期待されないので処方されません。飲む男性用育毛剤プロペシアの投与には有効に作用するのかを「遺伝子診断技術」で判定することも出来ます。飲む男性用育毛剤プロペシアと塗る育毛剤ミノキシジルを併用して治療しているクリニックを紹介します。
城西クリニック:東京都新宿区西新宿1−22−2新宿サンエービル14F TEL.03-5325-9831
脇坂ナカツクリニック:大阪市北区中津1−6−24世界長ビル5F TEL.06-6292-0819

飲む男性用育毛剤の費用など

飲む男性用育毛剤は養毛治療にかかる費用はどのくらいか気にかかるところです。飲む男性用育毛剤プロペシアは1錠あたりの価格は約250円です。飲む男性用育毛剤プロペシアは専門医院で処方されますが、患者負担は病院や調剤薬局の処方料によって異なるようですが、保険対象外のため1日1錠服用すると1ヶ月で約7,500円かかります。
飲む男性用育毛剤プロペシアと塗る発毛剤ミノキシジルを併用して使用すると治療に1年はかかりますので大変費用がかかります。
そこで塗る発毛剤ミノキシジルはネットの通販でも購入するという方法もあります。日本のミノキシジルは含有量が1%ですが、アメリカのミノキシジルは5%の製品があります。
またネット通販ではアメリカの飲む育毛剤でプロペシアよりも効果が高いとされるサプリメントで「ビオチン・フォルテ」(60錠3000円程度)という飲む育毛剤があります。飲む育毛剤ビオチン・フォルテと塗る発毛剤ミノキシジルをセットで販売しているサイトがありますので、探してみるといいかもしれません。ただし自己責任での服用となります。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 飲む男性用育毛剤